人気の勃起薬ザイデナ【ED治療薬ジェネリック薬を比較・最安値】

ザイデナについて

 

勃起薬の研究

勃起薬は有名なものとしてはバイアグラなどがあげられますが、それ以外にもとてもさまざま薬が開発されて販売されています。

 

日本ではまだ市販されいるものは少なく、あまりお目にかかることはありませんが、勃起不全などで泌尿器科へ診察へ行くと、まず投薬治療ということでバイアグラなどの勃起薬が処方されます。

 

さらに今ではバイアグラのジェネリック薬なども開発されており、勃起薬の低価格化が進んでいます。

 

そんな中で、いま日本男性に注目されている勃起薬がザイデナなのです。
ただいまザイデナは売り切れています。類似のED治療薬をご案内しています。

 

勃起薬ジェネリック薬

勃起薬,ザイデナ


なぜザイデナが注目されているの?

 

今までの勃起薬は開発国がアメリカやドイツなどの欧米諸国のものがほとんどでした。なので、欧米諸国の男性の体質に合わせた薬品づくりがなされていたのです。

 

欧米諸国の男性と日本の男性を比べると、同じ人間でもやはり違いがあります。大きく違うのが体つきです。

 

薬はその体重によっておおよその服用量が決めれらています。よく同じ薬でも子供と大人の錠剤の数が違うことがあります。

 

バイアグラなどをピルカッターという道具を使って半分に割って服用

それと同じように勃起薬も本来は体重によってその服用量を変えるべきなのです。そのせいもあってバイアグラなどをピルカッターという道具を使って半分に割って服用している日本人男性も少なくありません。

 

しかしこのザイデナは、開発国は韓国で、アジア人に合せて開発された勃起薬なのです。

 

さらには、従来は開発されてすぐの薬はその価格が高額になる傾向があるのですが、このザイデナに関してはすでにバイアグラよりも安い価格設定にされており、しかもすでに個人輸入できるようになっています。

ED治療薬ご紹介

ザイデナとバイアグラの比較

ザイデナとレビトラの比較

ザイデナとシアリスの比較

ザイデナは勃起薬ではない

 

バイアグラなどは勃起薬という目的で開発されましたが、このザイデナは実は、勃起薬として開発されたのではなく前立腺肥大症の薬として開発されたものなのです。

 

その効果を研究し続けていくうちに、勃起不全にも効果があることが発見され、勃起薬としての商品化が進みました。

 

そのためザイデナは日本では、前立腺肥大症に対してのみしか病院で処方されることはなく、ED治療が目的のために手に入れるためには、薬の個人輸入に頼る必要があります。
前立腺肥大症は日本でも聞く病名ですが、アメリカなど海外ではとても深刻な病なのです。日本に比べても倍以上の割合の男性がこの病で悩んでいるのです。

 

しかし専門家の解釈では、この前立腺肥大症は近い未来に日本でもその患者数が増える病気であるとされています。そのため日本でもその対策が急がれています。

 

ザイデナ売り切れ

 

ザイデナは、現在売り切れになっています。ここでは、ザイデナの類似品をご紹介しています。

 

勃起薬ジェネリック薬

勃起薬,ザイデナ


タダシップ シアリスのジェネリック薬

 

タダシップ

タダシップはシアリスのジェネリック薬で有効成分はタダラフィルでシアリスと同じなので効果も持続時間も一緒で安心して使っていただけます。
ED治療薬の中でも36時間と持続時間が非常に長いため服用のタイミングを気にする必要がありません。また食事やアルコールの影響を受けにくいので人気の高いED治療薬です。

ザイデナとシアリスの比較

カマグラゴールド バイアグラのジェネリック薬

 

カマグラゴールド

カマグラゴールドは、ジェネリック医薬品でED治療薬で有名なバイアグラと同じ有効成分です。バイアグラのジェネリック薬なのでバイアグラと同じ効果を期待できます。
効果持続時間は4時間程度で性交の1時間前に服用しましょう。
カマグラゴールドは、空腹時に服用しなければ効果が期待できません。食事の影響を受けやすいと言われているので気をつけましょう。

 

ザイデナとバイアグラの比較

 

EDジェネリック薬

EDジェネリック薬

男性機能が衰えを感じバイアグラなどのED治療薬を利用する方が、日本でも増え続けています。

 

性欲を満たすことができない苦しさは、本人にしかわからないものであり、さらに他人に相談しにくいことから、情報を収集することが難しかったのですが、今ではインターネットの普及により、他人に聞くことができなかった内容も調べることが簡単になりました。

 

ED治療薬についても、バイアグラは有名ですが、それ以外にもたくさんの種類があることを知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

それだけでなくED治療薬にはジェネリック医薬品も存在しており、とても安い価格で購入することができるようにもなっています。

 

ジェネリック医薬品とは、開発された医薬品の特許期間が切れると、同じ成分を使って製造された医薬品のことを指します。

 

ほとんどのジェネリック医薬品が、先発薬よりも安い価格で販売されており、また、成分が同じなので、ほとんど同じ効果が期待できるので、安く済ますことのできるジェネリック医薬品を求める人が多いのです。

 

ED薬と言って一番有名なのがバイアグラではないでしょうか?そのジェネリック医薬品にカマグラという治療薬があります。もちろんこのカマグラもバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルを配合していますので、ほとんど同じ効果が期待できます。

 

わたしもEDジェネリック薬を使っていますが、効果に関しては全く同じように感じており、価格が安いのでとても満足しています。

ED治療薬 個人輸入

日本の国の予算で医療費の割合の増加に歯止めがかからないことがよくニュースになっています。少子高齢化が進みますます、医療費の割合が増えてくることでしょう。

 

よく、日本ではできない手術を海外で受けるというケースを聞くことがあります。なぜ、日本ではできないのかというと、医薬品に関しては日本は後進国だといえるからです。

 

最先端の技術がありますが、医薬品に関しては、安全面への配慮が厳しく、なかなか新しい医薬品の認可が下りない特徴があります。

 

そのため、海外の医薬品は日本人からするととても進んでいるのです。実は今、この海外の医薬品を輸入することを許可する制度があります。それを個人輸入制度と言います。

 

はじめのうちは、持病などの治療に使う医薬品を、海外から買い求める人がほとんどでしたが、海外にはED治療薬が出回っており、それも個人輸入の対象と認められてからは、多くの日本人男性がED治療薬を個人輸入し始めています。

 

私も40代に差し掛かった頃から、勃起機能の低下を実感吸うようになり、悩んでいた時期に、海外でED治療薬を一度試したことがありました。その時はすごく効いたので、「これが日本で買うことができたらな」と願っていました。

 

ED治療薬の個人輸入が認められてからは、もう毎月のように注文して、性生活を存分に楽しめるようになりました。

 

続きを読む≫ 2017/10/06 10:41:06

健康維持と精力維持

中高年になると健康面だけでなく、精力が落ちてくるもの実感することでしょう。

 

さらにストレスなどによるホルモンバランスの乱れなどから、EDを発症してしまう人も少なくありません。

 

性行為を行うと精力が維持されることがわかっていますが、実は勢力を維持することができると、ある程度の体の健康も維持することができるのです。

 

まさに勢力は健康のバロメーターと呼べるのです。精力維持のために性行為を行うために精力剤やED薬を利用することは、間違っていることではありません。

 

男のプライドがという前に、精力を人並みに戻すことを考えることが先決でしょう。中高年になると、ストレスなど環境の変化が一度に降りかかってきます。多くの人がこの時期に体調を壊してしまいます。若い頃の無理がたたって、体のどこかにガタが来るものこの時期です。

 

ED薬と言えば倍グラが一番有名だと思いますが、今では様々なタイプのED薬が登場しており、そのニーズの違いに対応してくれているのです。バイアグラだと効果が強過ぎるという人にはレビトラという商品があります。レビトラはバイアグラに比べると効果がマイルドで緩やかだという評判があります。

 

私も健康には気を付けているのですが、精力や性欲が出ないと感じたら、迷わずバイアグラを服用するようにしています。服用するともう何も考えられなくなるぐらいに、性行為に集中することができるのでストレスも吹っ飛んで、次の日からまた、活力が出るのがわかるものです。

 

続きを読む≫ 2017/09/01 11:30:01

成人病とED薬

血液の循環が悪くなり、ペニス内の小動脈が拡張しないことで、EDの症状が表れてしまうことがあります。中高年になるとこのようなケースはよく見受けられることです。

 

つまり、中高年になるとかかりやすい生活習慣病、糖尿病や高血圧、心臓病などが、血行が悪くなる病気だから、EDとなるのです

 

多くの成人男性は、年齢を重ねてくると、何らかの成人病の症状に悩むものです。それから、EDへと進行視するケースがとても多いようです。

 

ED薬は、このような症状で悩んでいる方にとても有効だとされています。バイアグラなどはその一番有名なものです。それ以外にも、たくさんの商品がありますが、個人個人で一番合ったものを選ぶことが大切です。

 

勃起のメカニズムが正常に働かないとしても、成人病を治療するだけでも、EDの症状は改善されることがあるようです。成人病とEDの関連は大きいようです。成人病を予防すれば、EDを予防することができ、成人病を治療すれば、EDを治療すること、なるのです。

 

EDを改善するために、日常的に生活習慣を整える必要があります。日常生活を整えるといっても、今の現代社会ではなかなかコントロールするのは難しいです。厳しいストレス社会であるので、生活習慣は年々悪くなる一方です。

 

ED薬で治療を始めている人の中には、その効果によって成人病の治療も進んでいることがあります。

 

続きを読む≫ 2017/07/04 10:29:04

ED治療薬が効かない

人間50年も生きていると、体のあちこちがダメになってきます。特に男性機能や勃起力など精力は目に余るものがあります。この年になってから同級生などと話していると、下半身の衰えを嘆く人がとても多いものです。ED治療薬を使用してもうんともすんとも言わなく、全く効果がないこともあります。

 

私も、毎日毎日働いていますが、精力の衰えも感じているものです。自分自身の精力を維持するためにはどのようにすればいいのかを考える時もあります。どんな精力剤がいいのか、滋養強壮剤とは何なのかなどを調べてみました。結論から言うと、衰えた精力を回復させることは不可能ではないことがわかりました。きちんとした生活を送れば、60代でも70代でも男性機能は衰えることがないのです。決して何歳になってもあきらめる必要はないのです。

 

還暦を過ぎても絶倫でいらっしゃる方は、数多くおられます。しかし、一昔前に比べると、その割合は少なくなっていることが良くわかります。特に40代50代のまだまだ働き盛りの男性の、性機能の低下は著しいものがあり、元気なのは3割もいないといわれています。

 

その現象の大きな原因は、現代人の食生活や仕事のストレスだといわれています。中でも食生活の要因が深刻なようです。飽食の時代と言われていますが、添加物などで、体が汚染されているのです。食事に含まれている栄養素がカロリーはしっかり含まれているのですが、体に活動に必要な栄養素が不足しているのです。そのせいで勃起不全や成人病などの生活習慣病の発症が起こってしまうのです。

 

日本の国民平均寿命が延びているのに、男性機能が衰えたまま長生きしても楽しみがないのではないでしょうか?いつまでの元気でいてこそ長い気にも意味があると思います。

続きを読む≫ 2017/07/04 10:26:04

個人輸入の勃起薬

狙っていた女性とベッドインすることになった時に、男性機能がうまく働かず勃起できないということをよく効くようになりました。

 

なかなか人に相談することもできずに、自分自身で落ち込んでしまう方がほとんどでした。中にはバイアグラを購入するためにアメリカにわたって手に入れるというつわものもいましたが、それだけのためになかなか海外まで渡ることができません。

 

しかし、医薬品の輸入に関する制度が変化したことにより、自分自身で使用する分なら、医薬品を海外から輸入することが認められるようになりました。このことを個人輸入といいます。

 

勃起薬は日本では漢方薬やサプリメントしか存在しませんが、海外では医薬品として承認されている勃起薬が数多く存在します。個人輸入の制度を知っている勃起不全患者なかには海外から勃起薬を購入しています。その数はどんどん増え続けているのです。

 

勃起薬の個人輸入についての注意点は、自分自身で使用することが決められています。そのために勃起薬を譲渡したり、転売したりすることは禁止されています。

 

また、一度に購入する量にも制限があります。おおよそ1か月分しか購入することができません。

 

それ以外にも、個人輸入を利用して勃起薬を服用した時の責任はすべて自分自身で追うことが義務づけられています。このような点を理解したうえで勃起薬の個人輸入をするようにしてください。

 

最近私も勃起薬を個人輸入することを始めました。服用するとほとんど毎回効果を実感することができています。まれに体調が悪いのか効果が弱いなと感じるときもありますが、それでも性交を行う程度の硬さは得ることができるので、満足しています。

続きを読む≫ 2017/05/30 10:39:30

ED治療薬を安く買う

中高年男性の2人に一人が、EDの症状を感じたことがあるとされています。原因は様々ですが、ストレスや環境ホルモンバランスの乱れなどが主な要因とされています。

 

治療に当たってはED治療薬を求める方が多く、泌尿器科などへ診察に行って、処方してもらうケースがほとんどです。

 

しかし、日本ではまだEDは病だとは認定されていないので、保険外診療となり、診察も処方される薬にもかなりの額がかかってしまいます。

 

安くED治療薬を買うために、今注目されているのが個人輸入という制度です。国では、医療費の財政の負担が増加の一途を辿っていることへの対策として、海外で承認されている医薬品を個人的な使用に限り輸入を認めることとなりました。

 

そのために、日本では保険適用外の高額なED治療薬を買わなくても、海外で安く普及しているED治療薬を、個人輸入を利用して購入することができるようになりました。

 

この制度が始まってからは、安いED治療薬を海外から購入する人が増え続けています。

 

私もバイアグラを良く個人輸入しますが、病院で処方されるものと同じものがとても安く購入することができるので助かっています。また、バイアグラのジェネリック医薬品も個人輸入の対象となっていますので、それならもっと安い価格でED治療を始めることができます。

続きを読む≫ 2017/05/30 10:36:30

ED治療薬の効果

生きているだけでストレスがためってしまうことが、今の日本では社会問題となっています。

 

ストレスから様々な生活習慣病を患う男性が多いく、勃起不全EDの症状が出る人も少なくありません。

 

ED治療薬と聞くと、このようなストレスから起こる病気には効かないのではないかと考える人もおられると思いますが、実はストレス性勃起障害にもED治療薬は効果を発揮することができます。

 

ストレスから勃起障害になるといっても、機能がきちんと作動していないから起こるのです。

 

バイアグラなどのED治療薬は、その機能がきちんと作動するようにする働きがあるために、ストレスなどは関係なく効果を発揮するのです。

 

ストレス性勃起障害では、男性器内に血液をためる弁が働かないことで起こります。

 

ED治療薬は、血液をとどめるための弁を止める効果があるのです。そのために、どんどん血液が溜まってくるので、少しの性的刺激でもマックスの勃起を起こす効果があるのです。

 

はじめてED治療薬を使われる方は、まずは病院で診察を受けることをおすすめします。そうすることによって、自分自身がどんな成分のED知慮薬があっているのかを判別することができるからです。

 

私もED治療薬を使っていますが、いつも効果を実感することができています。私は副作用が怖いのでタダシップというED治療薬を使用しています。

続きを読む≫ 2017/03/10 10:55:10

ED治療薬と保険

年齢とともに男性機能は低下してきますが、最近ではそれほどの年齢に達しなくてもEDの症状に悩まされる男性が増えてきているようです。

 

そのために、ED治療薬などで回復を試みる男性が増えてきてえいますが、その際に保険は適応されるのでしょうか?

 

EDは海外では病であると認定されていますが、日本では病には違いないが、命にかかわるものではないので、保険は適応させないということになっています。

 

日本ではバイアグラなどのED治療薬を処方してもらうと1錠あたり4000円程度かかるのが相場の様です。

 

命にかかわることではなくとも、当事者からするとEDは一刻も早く治したい症状です。

 

保険の適応がないからバイアグラを使うことができないという声が大きくなってきていることから、個人輸入という海外の医薬品を取り寄せる制度ができました。

 

この制度は厚生労働省の管理ものと、自身で使用する医薬品に関しては、個人輸入を認めるというものです。

 

きちんと国でも認められている制度のために、ED治療で悩んでいる多くの日本人男性が、この制度を利用してED治療薬を購入しています。

 

私も、以前はEDの症状で悩んでいました。病院に診察に行っても保険が適応されないために、バイアグラを手に入れるのにも診察料金を含めると10000円ほどかかっていましたが、個人輸入を利用するようになってから、家計の負担が大きく減りました。

続きを読む≫ 2017/03/10 10:52:10

女性用勃起薬

不感症で悩んでいる女性には女性用の勃起薬を服用することをおすすめします。ラブグラという商品が一般的です。女性用の勃起薬とは、服用することで感度が上がる効果があります。

 

服用することで血流が良くなり、少しの性的刺激でも性器が潤いやすくなり、また、刺激に対して敏感になるとされています。

 

性行為を補助するような医薬品を服用することに抵抗がある価値観もありますが、服用することに体への害がないのなら、断然使用するべきだと思います。

 

しかし、女性の方から使いたいというと男性は自信の男性機能では女性を満足させることができなかったと考えるかもしれないので、使用の際にはそのあたりのことを抑えておきましょう。

 

また、男性が主体となった女性用勃起薬を使用するように持ちかけるのもいいかもしれません。長年マンネリ感が解消されて、性行為への快感がより一層大きくなることが期待できます。

 

ただ、その時に女性用勃起薬購入するときには、海外の個人輸入の手続きを踏む必要があることから、女性の名義で購入する必要があります。

 

そうしないと法律に触れてしまうので、注意が必要です。

 

私も女性用の勃起薬ラブグラを使用していますが、服用するとやはりいつもよりも快感が大きいし、すぐにスイッチが入る感覚があります。

続きを読む≫ 2017/02/13 11:09:13

勃起薬の個人輸入

日本国内で販売されている勃起薬では効果を実感することができない男性が増えています。

 

海外の勃起薬にはない制限があるからです。国内では勃起薬の効果よりも、安全であるかどうかの方が重視されているからです。

 

もちろん海外で販売されている勃起薬にも安全できちんと効果があるものがたくさんあります。ザイデナなどは日本人の体質にあっているということで人気の商品でもあります。しかし、海外の言語で表記されていることや、被害が出た際の対応が複雑なので、国が医薬品の輸入を制限しています。

 

医薬品に対する専門的な資格がないと、輸入することはできませんが、自身の使用に限り勃起薬を海外から輸入することができます。

 

これを、個人輸入といいます。個人輸入の条件にはこのほか、1か月以上の使用分を超えての購入はできません。また、購入した勃起薬を他人に譲ったり、販売することもできません。あくまで自分自身で使用する分に限り認められているのです。

 

個人輸入はなれるととても簡単です。昔は、海外とのやり取りでしたが、今では個人輸入を代行してくれる日本語表記のホームページもたくさんありますので、とても便利になりました。

 

先月私も個人輸入代行を利用してザイデナと勃起薬を購入しましたが、価格的にも安く、しかも中身がわからないように発送してくれるので、安心して購入することができました。

続きを読む≫ 2017/02/13 11:06:13