人気の勃起薬ザイデナ【ED治療薬ジェネリック薬を比較・最安値】

勃起症状と自律神経

勃起症状と自律神経

勃起のメカニズムの要素として重要なのが、自律神経のバランスです。

 

誌と語が忙しすぎたり、夫婦仲がうまくいってなかったり、また人間関係につまずいたりという、いわゆるストレスが原因となって性欲の低下、あるいは勃起障害を起こしてくる場合が数多く見受けられます。

 

いとどこういうことで、勃起障害を経験すると、次のセックスの機会にまた今後もダメになるのではないかという不安が大きくなり、ますますうまくいかなくなります。こうしてどんどん泥沼に落ち込んでいくことになるのです。
ペニスの勃起にとって、そして満たされたセックスをするのに、最初に必要なことはリラックスすることです。つまり交感神経が優位な状態が持続し、なかなか副交感神経が優位の状態に切り替わらない。

 

つまり、リラックスできないということになってしまいます。こうして起こってくる勃起障害を心因性勃起障害といいます。勃起障害の中では一番多い原因です。

 

県紺してまだ1年という30歳代前半の男性が泌尿器科へ診察に行きました。診察の前にして記入した問診票では、職業は看護師で、どういうことで来られましたかという質問には、不妊に丸が付けられていました。

 

医師はこれを見て、普通にセックスしているのに、奥さんが妊娠しないものと勝手に決め込んで診察を始めました。

 

入ってきた男性は見るからに真面目そうで、なんとなく弱弱しく、自信なさげな印象でした。病歴や健康状態などの問診を行い、県紺歴を聞き、身体の診察を行いました。ペニスや清掃、そして前立腺にもこれといって異常は見当たりませんでした。

 

看護師でもあり身体所見には異常がないことを簡単に説明した後、「それでは取りあえず一度、精液を調べましょう。」といって、マスターベーションで精液を取ってもらう説明を始めたときでした。

 

「違うのです。先生。そういうことではないのです」
「何が違うのですか?」
「子供ができない理由はわかっているのです」
とにかく話を聞いてみると、こうでした。

 

奥さんは5歳年下、つきあって1年ぐらいしてから結婚しましたが、それまで両人ともセックスの経験がありませんでした。結婚後、セックスを使用と奥さんに触れると、勃起はするのですが、いざ挿入しようという段階になって、瞬く間にペニスが小さく縮んでしまう。焦れば焦るほど、この悪循環から抜けられない。ということでした。


ザイデナ類似品ジェネリック医薬品

 

海外の薬通販ベストケンコー