人気の勃起薬ザイデナ【ED治療薬ジェネリック薬を比較・最安値】

飲酒と勃起不全の関連

飲酒と勃起不全の関連

お酒を飲んでしまうと、勃起しにくくなるのか、それとも勃起しやすくなるのか。

 

勃起不全で悩む人にとっては、とても気になることだと思います。

 

お酒を飲むことでリラックス効果があることはよく知られています。

 

そして、気持ちも大きくなり、あまり何も深く考えないようになり、よく気が大きくなるという人もいるでしょう。

 

普段言えないようなこともお酒を飲むと言えるようになり、ストレスの発散には親しい人とお酒を飲むのは、精神上とてもいいことなのです。

 

さらに、老化や加齢臭の原因である活性酸素を消去してくれたりもします。

 

さて飲酒と勃起の関連ですが、リラックスできるということは、副交感神経が働きます。さらに、お酒によって、活性酸素を消去できるので、血管が健康になり、この点でも勃起のプロセスにはよい結果を出します。

 

なので、お酒を飲む人は勃起不全になりにくいという法則が成り立つのです。

 

しかし、アルコールも飲みすぎると毒なので、ほどほどにする用がいいでしょう。
体内でアルコールを分解できる量には限界があります。男性と女性では違いますが、ビールなら男性で2万本女性で1万本がリミットです。

 

毎日1本づつなら男性が54年女性が27年という計算になります。

 

これを超えると、肝臓が機能しなくなり、肝硬変になります。

 

限界値については個人差がありますので、おおよその数値です。

 

ちなみに一日の肝臓のアルコール分解の限界は日本酒で2合程度といわれています。


ザイデナ類似品ジェネリック医薬品

 

海外の薬通販ベストケンコー