人気の勃起薬ザイデナ【ED治療薬ジェネリック薬を比較・最安値】

人類の精子が減少している

精子が減少

子供がほしいカップルにとっても、勃起不全は大きなマイナス要因となります。現在では、人工授精や体外受精が一般の病院で広く行われるようになったので、性行為がなくても子供を持つことはできますが、それを実際に行うとなると、時間も費用もかかりますし、また精神的な負担も相当大きなものがあります。
しかも、そうした治療を受けたからと言って、必ずしも妊娠できるわけではありません。

 

ともあれ、男性にとって性的な刺激を受けて、ペニスが勃起するというのは、当たり前のことなのですから、それを失った人が何とか取り戻したいというのは自然な思いでしょう。

 

そして、そのために多少危険を冒しても、以前の勃起の状態をもう一度経験したいとED治療薬や勃起薬を服用するのでしょう。

 

ところで、勃起不全になる人が、なぜこれほど多いのでしょうか?その数はアメリカでは3000万人、日本でも700万人になると言われています。

 

勃起不全の原因については、アテローム性動脈硬化や糖尿病などが直接の原因となって、勃起不全に落ちおるケースが最も多いです。しかし、そうした個別の原因とは別に、すべての現代人に共通する原因もあります。

 

最近男性の精子が減っているということが話題となっています。この原因の一つは男性ホルモンのテストステロンの働きかく乱されているためと考えられています。テストステロンは勃起に不可欠な三要素の一つです。したがって精子の数の減少は勃起不全が多いことと、無関係ではないと考えられるのです。

 

男性の精子が減っていることに最初に気がついたのはデンマークのニルス・スキャベク博士でした。生理学と専門としている博士らの研究グループは1992年9月に、過去50年間で男性の精子の数は数が半減しているという衝撃的な研究成果を発表しました。

 

この研究は、1938年から、ヨーロッパ、南米、アジア、オーストラリアに及ぶ20か国で、健常者を対処に行われてきた精液分析に関する文献を体系的に整理したものでした。

 

結局、研究の対象になった人は、約1万5000人にも及びました。

 

この研究によると、精子の平均数は1940年には精液1ミリリットル当たり1億1300万個でしたが、90年には6600万個に減っていました。半分になっていることになります。2000万個以下になると、不妊の可能性が高まります。

 

これは日本人男性についても同じことが言えます。精子減少の原因として、クローズアップされているのが、PCB(ポリ塩化ビフェーニール)、DDT,ダイオキシンなどの環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)です。これらが、食品や水、あるいは空気とともに人間の体内に入り、性ホルモンの働きをかく乱し、その結果、精子が十分に作られなくなり、世界的に減少を引き起こしているのではないかと疑われているのです。


ザイデナ類似品ジェネリック医薬品

 

海外の薬通販ベストケンコー